05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【16日目】教本変えます(小声)

2015/03/17
5日くらい続けてる指トレ。

速さだけ求めればこんなかんじ。まだまだですね…


さて、慣れてきたし次の課題に移るか…と教本のページをめくります。

…。

うん、教本変えたほうがいいな。
ハンマリング&プリングオフの超絶ギターソロでした。どう考えても無理。

やり始めて分かったんだけど、今使ってる教本は初心者向けというわけではなく、
「ギターはある程度弾けるけど、テクを基本から見直していきたい人」用なようです。
まだやるには早すぎでした。

23日目でスウィープ出てきてるしw


ということで、明日から使うのはこれにします。
16.jpeg
結構前に買うだけ買って使ってなかったものです。
有名曲を使った練習とかも入っているので楽しみながらできそう。


でも、今日までの教本で指のトレーニングの方法は定着しました。
最初の頃やってた指トレを弾いてみたら前より明らかにやりやすくなっていて嬉しかったです。
まだ下りが下手くそwでも上りは進化したと思うなぁ


これも微妙だけど前よりかはずっといい。

これらは毎日練習始める前に準備体操としてやろうと思っています。
スポンサーサイト
23:43 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

【13日目】指トレ後半

2015/03/13
昨日はサボってしまいました…
そして今日は寝落ち→よくわからない時間に練習です。
電気をつけたまま寝るのは疲れは取れないみたいですね。メラトニンが出ないとかなんとか。
http://matome.naver.jp/odai/2140371568339417001

さて、例の複雑な?指トレの後半です。
やっと最後までいったwいい練習になりそうなので完璧にできるまでやります。
04:44 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

【15曲目】「winter star prayer」を投稿しました。

2014/12/10
新曲投稿しました!
【GUMI版】

【NNI版】


自分で書いてもう15曲目なんだな…と思いました。アルバム1枚分くらい作ってるってことか。
処女作からどれだけ上達しただろう?あんまり上手になった気がしないです…。

この曲は最後の最後まで曲名が決まらなくて大変でした笑
絶対「冬」を表す単語は入れたい、「○○のキセキ(軌跡×奇跡)」みたいな感じにしたかったんですけど、うまい具合にタイトルが決まらない…
ということで英語にしちゃいました。winter - star - prayer、「...ア~」で韻を踏んでリズムよくしたつもりだったんですけど、あんまり伝わらなかったですねw

演奏は全て生です。在籍していたサークルのOBが集まってレコーディングしました。
レコーディングの様子は前回の記事で → http://mickeyameagari.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

イラストは「sing with you」の時からお世話になっている水溜鳥さん。今回も素敵なイラストをいただきました。
12/10現在、なんとデイリー総合2位!!
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47455741
いやはや、本当にすごい人とコラボさせてもらっているんだなと思いました…。
それに見合うだけの曲を作れるようになりたいですね。。
そのほかにもピアプロから多数のイラストをお借りしました。この場を借りて再度感謝申し上げます。




「星が人の願いを叶える」っていつから言われていることなのでしょうか?
光の海に魅せられて、そんなおとぎ話みたいな言い伝えを本気で信じてしまった女の子の話です。

『winter star prayer』
music & lyrics / mickeY illustration / 水溜鳥

Vocal / ごはん・GUMI
Guitar / アルトリ・まんてす・Iwarson
Bass / 373
Drums / ニコ(^ω^)氏
piano & others / mickeY



まっくらな世界 冬の匂いに包まれて
はしゃぐ君のとなり
なんにも言えずに瞬く空を見つめてた
一人天体観測

星の光に憧れた
揺れる想いを線でつないだ
君はそっと優しくて
期待するだけの遠い話

どれだけの時間を追いかければいいの
果てしない 夢みたい 光の海
わがままが叶うのなら 私を照らして
ふれそうでふれない肩が いつもより近くなってた

そらした目線で何度もなぞる大三角
興味を持った君は
固まる私が見つめる先を指差した
二人天体観測

頭の奥に焼き付けた
目を閉じたって消えなくなった
熱くなって愛しくて
期待するだけじゃもう、悔しい

どれだけの時間を隣で見てきたの
届かない でも近い 二人の距離
「違うよきっと」なんて強く膝を抱きしめた
消えそうに光る星が 消えそうな私を見てた

もし 昔から星たちが
人の願いを叶えるなら
ほら、頭では分かってるんだ
ああ、ゆらり宇宙が揺れた


いま、心の星座を
ねえ、結んでみたいな
冬の冷えた星空に
夢を乗せて Ah
 
これだけの光を胸に抱いてきたよ
見つけたい 描きたい 星のキセキ
星に願いを何度も、何度も託した
ふいに光る温かな一筋がこぼれ落ちた
18:10 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

新曲のレコーディングをしました。

2014/11/10
ご無沙汰しております。mickeY(雨上がりP)です。
この度新曲をレコーディングしたのでそのレポートをします!


まず、なぜ新曲をレコーディングで録ろうということになったのかというと…

僕は今年の春バンドサークルを卒業して、東京を離れ社会人になりました。
卒業してからもたまにDTMで音楽に触れるも、パソコンの前に向き合ってるだけではやっぱり寂しい(笑)
メンバーで息を合わせてみんなで1つの曲を奏でる、あの充実感を久しぶりに感じたいと思ったのです。

11月の頭に大学の学祭で東京に行く機会があり、偶然にも翌日は祝日。
思い切ってサークルの各パートのOBOGの参加を募り、1日レコスタを借りて音源を作成する計画を立てたのでした。


こうして迎えたレコーディング当日。場所は都内の某スタジオ。
駅から少し歩くので、途中で道に迷うメンバーが続出w

レコスタは本館から離れた建物の中にあり、エンジニアさんに案内されます。
image6.jpeg
隔離されたレコーディングブース、Pro Tools完備のミックスルーム。テンション上がります。

image4.jpeg image3.jpeg
まずはリズム隊、ドラムのREC。ライン録りでベースもついでに録音していきます。
先に「メンバーで息を合わせて」と書きましたが、ここで合わせる相手はクリック。やはりずっとバンドのノリで合わせてきたメンバーにとってはなかなか慣れない状況だったようです。しかし時間が経つにつれて良いテイクが重なるようになり、最終的にいい感じのトラックが完成しました。
ドラムの後はベースの細かいところの録り直しをしていきます。


image2.jpeg
次はギター陣。3人が参加してくれました。
まずはバッキングから順々に録っていきます。
僕はレコーディング中何をしているわけでもなかったのですがずっとMIXルームにいて、よく「○○(自分の名前)、どう思う?」とテイクの良し悪しを聞かれるのですが、如何せんギターはよく分からない…タイミングとかコードの違いとかは分かるんだけど、どうも的確なコメントができません。
『うーん、いいんじゃない?』
「ホント?」みたいなやり取りを続けていきますww

バッキングのあとはソロを録っていきます。
上の写真に映っているのはギターアレンジを担当されたアルトリさん(@saberd2b)。僕がデモ作っていた時には考えもつかなかったようなトラックが重ねられていきます。うーん、ギターできる人は尊敬します。やっぱり弾けるようになりたいと強く感じていた次第です。

image10.jpeg
最後はバンドの華、ボーカルの収録です。
今回は現役生のサークルの歌姫に参加してもらいました。GUMI版の他に生歌の音源も作っていますので、どうぞお楽しみに!



予定よりも作業が押し、1時間延長してしまいましたが、なんとか全トラックの収録が完了しました。
お疲れムードになり駅へ歩きながら、ご飯でもみんなで食べようという話になっていました。

しかし!!
バンド出身の彼らがここで終われる訳がなかった!!
実際に合わせてみたいというノリになり、わざわざ来た道を戻ってスタジオを借りに行きますwww

image8.jpeg
なんというノーフューチャー。不思議そうな顔をされている受付の方を尻目に入店。
狭めのスタジオにギターアンプを3つぶち込み、さっきまで録音していた曲をみんなで合わせます。
やっぱりバンドって素敵です。それも自分のオリジナル曲をみんなで演奏している。
曲を作る立場になって、これほど幸せを感じた瞬間ってないです。きっとこの先もずっと忘れないと思います。


こんな感じでレコーディング当日のイベントは終了しました。これからは僕とエンジニアさんの作業になります。
忙しい中集まって力を貸してくれたメンバーには頭が上がりません。そして不慣れな自分でありながらしっかりとサポートしてくださり、急な延長にも快く対応してくださったエンジニアさんに感謝いたします。本当に、ありがとうございました。

曲の投稿は12月頃になる予定です。また進展があったら随時ブログやツイッターでお伝えしていきます。
自分にとって大切な曲なので、ぜひお楽しみに…!
00:07 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

【14曲目】『夏空ノスタルジア』を投稿しました。

2014/08/16
夏曲作りましたー!



昨年の今くらいに投稿した『ココロクラウド』(http://www.nicovideo.jp/watch/sm21572052)の姉妹曲のような感じです。引き出しが少ないため同じようなテーマになりましたが、まあ続編ということで…。

早く投稿しないと旬が過ぎてしまうので、色々妥協したところもあるのですが、結構自分らしい1曲にできたと思っています。やっぱり自分はピアノ出身なので、ピアノ中心に曲を組み立てていくのがやりやすいと実感しました。曲の雰囲気も底抜けに明るい感じではなく、少し切ない響きがあるのが自分らしくなりつつあるかなぁと思うのですが、どうでしょう。

今回からピアノ専門音源Ivory 2 Italian Grand(http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand)を使用しています。やっぱりマルチ音源に入ってるピアノよりもいいですね。音に厚みがあって、かつ張りがあり、特に高音域の鳴りが美しい。和音を弾いた時の弦の共鳴具合いまでしっかりサンプリングされています。あとペダルノイズ、これが欲しかった。

でもそれを生かしきれないミックスの弱さも実感しました。前よりかは上手くなったと思っているし、ある程度聴けるくらいまでは仕上げることができるようになったんだけど、やっぱり適当にやっていては「それなり」にしかならないですね…。今後はちゃんと本とか読んで少しずつ知識ためて耳良くしていきたいなぁ。

イラストは羽夏さん、写真は夢見白猫さんからお借りしました。感謝しております。






空も飛んでいたんじゃないかと思うくらい自由だった幼い頃。
でもなぜだろう、飛び方を忘れるどころか、歩き方すら迷っている。
そんなことを考えてしまうのは、夏空が魅せる魔法のせいかもしれません。



『夏空ノスタルジア』music / mickeY(雨上がりP) illust / 羽夏  photo / 夢見白猫

照りつく光を集めて静かに揺れる世界
地平線に溶けてくかすれた雲
風が飲み込んで群青に沈んでく午後
夏の色に染まった横顔

両手を広げて 心がうずいて
欲しがるのは なくした翼

蒼く澄みきった風に身を預け
まっすぐに空を裂く雲を消えるまで見てた
どこまでも空を飛べたはずなのに
なんでだろう 歩き方さえも思い出せないんだ

街並み溶かして背のびする物好きな陽炎
窓のそばで揺れてる君の仕草
僕はうそぶいて単調に過ぎてく午後
夏の雲に重ねた横顔

辛いほど近くて ふれるには遠くて
足りないのは なくした心

悪戯に君は「夏の魔法だね」と
太陽が薄れるくらいに微笑んでみせた
たまらずに僕は口をつぐむけれど
なんでだろう そんな優しさに勝てる気がしないんだよ

憧れは空に消えたはずなのに
なんでだろう 心切なくて止められないんだ

青く透き通った限りのない空
太陽にはばたける羽も自信もないけど
そっとつぶやいた 間違ってなんかない
そうだろう あの日見た夢に迷い込んだ夏空の魔法
19:36 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。